プレスリリース 2020年6月29日

カニエ・ウエストとGapがタッグを組む新ライン
「YEEZY Gap」 コレクションが2021年誕⽣

file

1969年にアメリカ・サンフランシスコでデニムをメインに扱うセレクトショップとして創業して以来、世界的なカジュアルファッションブランドとして、常にモダンなアメリカン・カジュアルを提案し続けるGapは、世界的ミュージシャン・⾳楽プロデューサーであり、クリエイティブの分野でも幅広く活躍するカニエ・ウエスト⽒(Kanye West) とのパートナーシップを締結した事を発表いたします。そして、カニエ⽒のブランド「YEEZY」とのコラボレーション・コレクション「YEEZY Gap(イージー ギャップ)」が2021年に誕⽣します。

カニエ⽒は2020年4⽉に時価29億ドルと評価された⾃⾝のブランド「YEEZY」の単独所有権を持ち、Gap Inc.はGapブランドの単独所有権を持ちます。パートナーシップの契約条件に基づき、コラボレーションビジネスの成⻑につれて「YEEZY」は売上に応じたロイヤリティと潜在株式を受け取り、双⽅が利益を享受します。

カニエ⽒は⽶・シカゴで過ごした10代の頃にGapストアで働いていたというご縁もあり、こうして再びタッグを組むことになりました。このパートナーシップは、「YEEZY」が持つ⾼いクリエイティビティやファッションにおけるリーダーシップ性に、業界トップレベルのサプライチェーンでもある

「Gap」ブランドが51年間積み上げてきた専⾨知識やノウハウ、ブランド認知度など、双⽅の強みを最⼤限に活かして推進していきます。「YEEZY Gap」では、カニエ⽒のクリエイティブディレクションの元、メンズ、ウィメンズ、キッズ向けのアイテムを⼿の届きやすい価格帯で展開します。

■ コメント︓Gapブランド グローバルヘッド マーク・ブレイトバード
「カニエがクリエイティブ界の⻤才としてGapファミリーに再び加わることをとても嬉しく思います。彼のYEEZYブランドの世界観とその成功を基盤に、⼀歩先を⾏くリテールパートナーシップを共に定義します。」

 

Gapについて
Gapは世界で最もアイコニックなアパレル、アクセサリーブランドであり、アメリカンカジュアルスタイルブランドのオーソリティです。1969年、サンフランシスコで⽣まれたGapのコレクションは、全てのデニム、クラシックなホワイトシャツ、カーキ、そして必須のトレンドアイテムまで幅広く展開し、モダンなワードローブの基礎を築くためにデザインされています。1987年、ロンドンを⽪切りに海外進出を開始して以来、Gapはオンラインおよび直営とフランチャイズ合わせておよそ1,600の世界中のストアでカスタマーと関わり続けています。Gapではウィメンズ、メンズのアパレルとアクセサリー、GapKids、babyGap、GapMaternity、GapBody、GapFitといったコレクションを展開しています。Gapブランドはまた、Gap OutletとGap Factory Storeのために特別にデザインされたコレクションを価格重視のカスタマーに向けて提供しています。Gapは、同ブランドの他にBanana Republic、Old Navy、Athleta、Intermix、Janie and Jack、Hill Cityを傘下に持つ世界有数の専⾨⼩売企業、Gap Inc. (NYSE: GPS)の社名を冠したブランドです。さらに詳しくはwww.gapinc.comをご覧ください。