ボランティア活動事例

多文化共生センター東京

外国にルーツを持つ子どもたちの教育を受ける機会の拡大に取り組む多文化共生センター東京。学齢を超過した子どもたちの学びの場「たぶんかフリースクール」では、多様な国籍の若者が高校進学を目指し、日々勉強に励んでいます。

受験という大きな目標の先にある、将来のキャリアを考える機会を彼らに提供するため、私たちはGapとバナナリパブリックの店舗にて職業体験プログラムを実施しています。彼らひとりひとりがいずれなりたい職業を見つけ、日本社会、ひいては世界の中で活躍できる大人になることを願い、ストアと本社の従業員が一丸となってこのプログラムを提供しています。

file

Ocean's Love

障がいのある子どもたちにサーフィンを教える活動を通じて、子どもたちの”笑顔”と”未来”をつくることを目指す認定NPO法人Ocean's Loveは、神奈川県茅ケ崎を中心に、北海道、愛知、宮崎など日本各地でサーフィンスクールを開催しています。ギャップジャパンでは、団体の理念に賛同したストア従業員の呼びかけにより2015年から活動をスタート、サーフィンスクールやビーチクリーンのお手伝いをしています。今では全国のストアにボランティアの輪が広がり、累計250名を超える参加者が1,000時間以上のボランティアを行うなど、チーム全体に取り組みが拡大しています。

file

キッズドア

家庭の経済状況による教育格差をなくし、すべての子どもが夢と希望を持てる社会の実現に取り組むNPO法人キッズドアは、経済的に苦しい家庭、ひとり親家庭、また、児童養護施設や被災地で暮らす子どもたちに向けて高校受験サポートや学習会の提供を含む教育支援事業を行っています。ギャップジャパンでは、会社が注力するエリアのひとつ「若者の育成」に大きな影響を与えるキッズドアの取り組みに共感し、長きにわたりパートナーとして様々な活動を共にしてきました。現在では、本社従業員が毎月足立区の学習会を訪問し、中学生の個別学習をサポートするボランティアプログラムを実施すると同時に、学習会に通う生徒さんを対象にしたストア就業体験プログラムも行っています。

file

エデュケーションエーキューブ

福岡市の認定NPO法人エデュケーションエーキューブは、経済的な困難なを抱えている家庭の子どもたちに、情報通信技術を活用した学習支援を通して十分な教育を受ける事ができる環境を提供し、子どもたちが自分で未来を切り開くことができる社会づくりを推進しています。

福岡エリアにあるストア従業員が着なくなってしまった洋服を集め、この団体に通う子どもたちと一緒に定期的にフリーマーケットを行っています。みんなで事前に打ち合わせをしながら売り上げ目標、運営計画をたて、当日の販売までの店舗運営プロセスを子どもたちが主体となって進めていく「職業体験型」のバザーで、キャリア教育の一助を担っています。

file

ESA アジア教育支援の会

『ESA アジア教育支援の会』はバングラデシュとインドで紅茶農園、極貧の村、都会のスラムにおいて、地域、学校、施設を単位とした教育支援活動を行っているNPOです。ギャップジャパン本社では年に数回ESAの方々をお招きし、カレー弁当とスパイスミックスの販売会を行っています。お弁当とスパイスミックスの売上金の一部は子どもたちが安全に学校生活を送れるための活動や、子どもたちが暮らす地域の発展のために必要な施設の整備事業に充てられます。また、社員が事務所を訪問して実際にスパイスを作ったり、支援地の子どもたちが使う教材作りに協力したり、支援の形は様々で、食べること、作ることで貢献できるこの活動は社内でも定着し、毎回多くの従業員が参加しています。

file

コミュニティデー/リージョンラリー

ギャップジャパンでは、従業員のボランティア活動を後押しする様々な取り組みを実施しています。毎年行っている1-Dayボランティアイベント「コミュニティデー」では、本社で働く全従業員が集まり社内のコミュニティ活動の進捗を共有したりパートナーNPOのお話を聞いた後、グループに分かれパートナー団体とボランティア活動を行います。またストアでは、所属エリアの全店がボランティアに参加すると寄付金を獲得できる「ボランティア・ラリー」キャンペーンを毎年秋に実施しています。このように、年間を通じてチームで楽しみながらボランティアに参加できるイベントやキャンペーンを展開し、従業員によるボランティア活動を推進しています。

file

Happy Holiday

Gap Inc.では、毎年ホリデーシーズンに世界中の従業員がプレゼントを持ちより、パートナーNPOを通じて地域コミュニティに贈る「Adopt-a-family」プログラムを実施しています。ギャップジャパンでもこのホリデー精神を受け継ぎ、「Happy Holiday」と形をかえた日本独自のプログラムを展開しています。例年、従業員がチームを組んでチャリティーバザーやベイクセールなどのファンドレイジングイベントを開催したり、期間中にボランティア活動に従事して会社からの助成金を獲得するなどさまざまな形で寄付金を集め、パートナーNPOへホリデープレゼントを贈っています。

file