file


ストア就業体験プログラム


ギャップジャパンでは、小学5年生から高校3年生までの学生を対象に、日本全国に展開している「Gap」および「Banana Republic」の各ストアにおいて、就業体験の受け入れを行っています。

アメリカに本社を置く私たちには、「Do more than sell clothes(洋服を売る以上のことをしよう)」というスピリットがあります。このプログラムもその一環として、私たちがビジネスを営む地域社会への還元を目的にスタートしました。

体験当日は、GapもしくはBanana Republicストアの売り場やストックルーム、バックオフィスなどを見学しながら、店舗業務の基本を学んでいただきます。ストアスタッフと一緒に実際に売り場に出て、商品の補充や陳列、お客様のお出迎えを実践していただくなど、アパレルストアならではの仕事を体験できるプログラムです。

このプログラムを通じて、ファッション業界のお仕事を体験することが将来の職業を考える一つのきっかけになること、また、1人でも多くの方に私たちギャップジャパンが運営する2つのブランドを身近に感じていただけることを願っています。

 

<申し込みの流れ>

  1. プログラム概要をご確認ください
  2. 対象ストアリストから、実施をご希望の店舗をお選びください
  3. 実施希望日が決まりましたら、お電話にてストアまで直接お問い合わせください
  4. 実施の確認が取れ次第、申込書類に必要事項をご記入の上、ストア担当者宛に郵送してください

※ご希望される実施日の3か月前よりお申込みの受付を開始いたします

注意事項

・申し込みは、実施希望日の3か月前より受け付けさせていただきます
・参加には、学校または団体で傷害保険に加入していることが必須です
・プログラム当日は、大人の引率者のご同行をお願いしております
・お問い合わせ、お申し込みは、学校もしくはNPOの担当者様からのみ受け付けさせていただきます